ちゃげねこブログ

万年金欠からお金持ちへジョブチェンジ

ゆる貯め家計簿【実践編】

こんにちは! お金の使い方が下手すぎて、金欠歴4年目。

ブログでの収益を目指しはじめたちゃげねこです!

 

 以前ゆる貯め家計簿のレビューをしました。

www.chage-neko.com

 

 

11月25日の給料分から始めたのですが、何をしても三日坊主で終わる私が約2ヶ月経っても続けられています!

 

今回は私の書き方をお見せしながら実践編を紹介していきます。

 

 家計簿の書き方

 私はB5のノートに自分で線を引いて使っています。

 分かりやすいように1週間分を見開きで書くといいと思います!

私は何も考えずに書いて見にくくなりました(笑)

家計簿の書き方 その①

①レシートを集める

②店名と金額を書く

これだけです!

レシートがないときは携帯のメモアプリに記入。

 

家計簿の目的は「何にいくら使っているか」というお金の流れを知ること。

「収支が三十円合わない、、。」

「これは食費?交際費?」

なんて細かいことは気にしなくていいんです!

なので金額はざっくりです。

 

(例)

f:id:ask7henge:20190122080644p:plain

本では「スーパー○○円」「コンビニ ○○円」という感じですが私はすぐに分かるようにしたかったので「コーヒー」や「シュークリーム」って書いてます笑

もちろんコンビニとだけ書くときもあります。

 

下の欄には一言メモを書きます。

「衝動買いした」「手土産として」などを書いておくと振り返るときに便利。

「旅行に行きたい」「今日は疲れた〜」などその日の気分を書くのも日記みたいで楽しいです♪

 

これは余裕があれば書いています!

家計簿の書き方 その②

1ヶ月家計簿をつけたら

・消費(生活に必要な支出)

・浪費(生活に必要でない支出)

・投資(将来の自分に役立つ支出)

に色分けします。

 

色は自由ですが私は消費 →、浪費→、投資→水色で分けています。

f:id:ask7henge:20190122192230p:plain

 

振り返るときに確認したいことは

「なぜ買ったのか」「本当に必要だったのか」

 

1ヶ月経ってから色分けする理由は、買ったばかりの時は「有意義な買い物した〜」と思っても時間を置いて見直すと無駄だったと気づくことができるからです。

浪費が多かったから気をつけよう!と思えるし意外と楽しいです(笑)

 

このときに一言メモがあるとどんな時に買い物しているかが分かり対策を練ることができます。

(例)

「スーパー ○○円 お腹が空いてついお菓子も買った」

→お腹が空いている時に買い物に行かないor何か食べていく

 

私の「消費、浪費、投資」の分け方ポイント

 

写真でおやつはお腹が空いていてつい買ってしまったため浪費にしています。

ですが友達とスイーツを食べに行ったら消費にします。

楽しい時間を過ごせたのならお金の無駄ではないと思うからです。

 

貯金、資格取得のための教材、知りたいことが書かれた本、体のために行っている整体などを投資にしています。

 

ですが分けるのにそんなに神経質にならなくてok!

 思考もゆるくで大丈夫♪

適度な浪費は必要!!

消費、浪費、投資には理想のバランスがあり、なるべく近づけるといいそう。

f:id:ask7henge:20190122204002p:plain

浪費ばかりもダメですが我慢してばっかりではストレスになります。

私も基本的にコンビニコーヒーを我慢していますがたまーに買ったりします。

 

仕事が忙しくて疲れ果てているときなんかは特に!

ちょっと甘めのカフェラテでほっと一息つくとまた元気になれるんです。

 

続けるコツ

・誤差を気にしすぎない!

私は収支の誤差をあまり気にしていません。

以前めちゃくちゃ細かくつけていたのですが思い出せない数百円のズレなどがありめんどくさくてやめました。

何にいくら使っているかさえ分かれば私は十分です。

・書けるときに書く

「毎日絶対続ける!」なーんて意気込みはストレスになってしまいます。

レシートなどで金額が分かれば後からできるので週一ぐらいで書いてます。

 

 これが一番大事‼︎

 

人のお金の使い方と比べないことです。

 

「友達はハイブランドなコスメ買ってるのに私はプチプラばかり」 

 と私も比べてしまいます。 

そうではなく「自分は何にお金を使えると幸せになれるのか?」と考え、自分が喜びを感じるものに予算を振り分けるようにすれば暮らしの満足度が高くなるそうです。

 

 幸せを感じる基準は人それぞれですもんね♪

 

 最後に 

何にいくら使っているかが分かれば無駄を省くことができます。

そのお金を貯金に回せたり暮らしの満足度を高めることに使えたりといいことづくめ!

 

これからもゆる貯め家計簿継続していきます!